エンタメ音楽ダンス転職

アクセスカウンタ

zoom RSS 80歳を超えてからもなお堂本光一や滝沢秀明の舞台演出を手がける

<<   作成日時 : 2017/06/19 19:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ジャニー喜多川氏といえば、「最も多くのコンサートをプロデュースした人物」としてギネスに認定されている御仁だけあり、80歳を超えてからもなおKinKi Kidsの堂本光一や滝沢秀明の舞台演出を手がけ、現場でもその姿が頻繁に確認されていた。前出のプロダクション幹部は語る。

「6月初旬、ジャニーズJr.が応援サポーターを務めるイベントに出席した際、死亡説を完全否定しましたが、そもそもこの情報は滝沢本人の談話から流れたという話です。現在の舞台は、総合演出・ジャニー喜多川のクレジットがあるものの、堂本や滝沢を中心に演出されているのは周知の事実。そんな中、今年5月に行われた『滝沢歌舞伎』に関して、滝沢本人が『ジャニーさん、完全に演出を外れました』とごく一部の親しい関係者に漏らし、その噂が一気に回って、死亡説に繋がったとか」

 昨年末のSMAP解散、トップの体調不安説、さらには度重なる現役、あるいはかつての所属タレントによるゴシップなど、盤石かと思われていた体制が崩壊しつつある。前出の記者が続ける。

「ジャニーズ内部も相当揺れているようで、昨年2月、役員のひとりが退社したそうです。表に出る業務ではなく、裏方担当の人だったそうですが、ジャニーズ設立期から事務所を支えてきた功労者で、メリー副社長の秘書的な役割を果たしてきました。ただ、なにか事務所とモメたわけではなく円満退社ということで、かなりの額の退職金が支払われたようです」

 一部では事務所内のことは公言しないという口止め料込みで2億円とされているが、「当時から質素な生活を送っており、金の匂いとは無縁な人だった」(ジャニーズ関係者)という。 

 数々の不安要素が噴出するジャニーズだが、さらにそれと呼応するかのような不自然な動きはSMAP周辺にも見受けられるという。

 今年9月の契約更新を3カ月前に控えた6月、所属事務所と元メンバーたちの話し合いで、木村拓哉を除くメンバー4人の離脱も取り沙汰されていたが、ここに来てかねてから独立を望んでいた中居正広が残留を希望していることが複数のメディアで報じられている。

「中居さんの心変わりの理由のひとつに、ジャニー社長の体調不安があるのは間違いない。ジャニー社長にもしものことがあれば、ジャニーズ事務所は自然と崩壊していくでしょう。メリー副社長も高齢だし、あのキツイ性格ではみんなついていけない。同じく副社長を務めるジュリーさん体制になれば、独立を企てるメンバーやスタッフもいるだろう。お世辞にも所属タレントの番頭格のマッチが若いメンバーたちから慕われているとも思えないしね。中居さんからしてみれば、今無理に独立するよりも、来るべきタイミングを待つ方が良いという判断でしょう」(前出・スポーツ紙デスク)

 さらに、ジャニー社長の体調不安説は、芸能界全体のパワーバランスにも地殻変動を起こしているようだ。

「昨年末あたりから名古屋を拠点とする男性グループ『BOYS AND MEN』が勢いを増していたり、菅田将暉ら非ジャニーズのイケメン俳優が大挙出演した映画『帝一の國』がヒットしたり、明らかにジャニーズ事務所の業界内での影響力は落ちています。一昔前なら『ボイメン』や『帝一の國』はとっくに潰されているでしょう。『帝一の國』に関しては、木村拓哉が俳優生命をかけて臨んだ映画『無限の住人』と公開時期が丸かぶりで、実際に興行収入では差がついてしまった。若手イケメン俳優を多数抱えるスターダストに至っては、上層部が『来るべき日に備えて男性ユニットに力を入れる』と豪語しているほどですからね」(同)

 2代目への世襲により存続を図ってきた多くの大手芸能プロだが、ジャニーズという業界の雄はどのような動きを見せるのだろうか? 芸能マスコミのみならず、芸能界全体の注目を集めている。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
80歳を超えてからもなお堂本光一や滝沢秀明の舞台演出を手がける エンタメ音楽ダンス転職/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる